saree’s garden

冬は日当たりの悪い狭いガーデンですが、庭の事、花の事、家の事などを中心に書いて行こうと思います。

ゴールドクレスト ウィルマの剪定

コニファーのウィルマ

去年の暮れくらいから徐々に枯れてこんな状態😆

f:id:sarees:20190407202202j:image

枯れる前は、すごく鮮やかな緑色でとってもキレイだったのに…

 

ゴールドクレスト ウィルマ 

科名

ヒノキ科

属名

イトスギ属

原産地

カリフォルニア、メキシコ

生育適温

15~25℃(最低0℃以上)

 

常緑性高木

 

枯れる原因 

蒸れて枯れる

ゴールドクレストのなかでもウィルマは、

葉が密に生えていてとても美しいのが良いところだけれど、葉が密集している余りに蒸れる。

対策

適度に剪定し、風通しをよくする事が必要だが、金属製のハサミを使うと葉が茶色くなるので、セラミックのハサミか手で折る。

 

根が浅く水切れしやすいので乾燥で枯れる

根が浅いため、地植えの場合地中深くの水を吸い上げられない。

対策

雨が長い間降っていないようなら、たまに水揚げも必要。

 

泥はねで病気になって枯れる

対策

根元にバークチップなどのマルチングをする。

 

 

 

と、ザッとこんな感じ。

 

思い当たるのは水切れかな…

いくら地植えでも、ずっと雨が降って無かったし。

 

カリフォルニア生まれのゴールドクレストは、日本の気候には適していないと分かちゃいたけど、キレイさにつられ買ってしまった。

 

2年位はずっとキレイなまま育っていたのになぁ〜

 

剪定

・3月〜6月がベスト。

・梅雨〜夏は避ける。

・9月〜10月は樹形を整える程度

・枯れた所をそのままにしておくと広がるので、剪定した方がいい。

 ・金属のハサミは葉が茶色くなるらしいので、手で取るかセラミックのハサミがいい。

 

 

セラミックのハサは持っていなかったので、手で折ってみる。

 素手では痛いので、手袋必須。

 

楽しいくらいポキポキ折れて、枯れた部分は簡単に取り除けたけど、すごくアンバランスになってしまって変だったので下の方は幹ギリギリで枝を切りました。

 

f:id:sarees:20190407230603j:image

あら、スッキリー

 

 

 

これで復活してくれればいいのですが…

 


【4/27日着から5/20着不可】ゴールドクレスト ウィルマ スパイラル仕立て(螺旋) 10号 170センチ前後 鉢皿付き 【農家直送】【クリスマスツリー】【ラッピング・メッセージカード不可】


※【全体に柔らかめの作りです】コニファー ゴールドクレスト ウィルマ(6号)