saree’s garden

冬は日当たりの悪い狭いガーデンですが、庭の事、花の事、家の事などを中心に書いて行こうと思います。

チューリップの花柄摘み

2種類植えたチューリップが咲きました。

これまた カワ(・∀・)イーイ!!

 

フリンジ咲チューリップ ネグリジェ

f:id:sarees:20190421133820j:plain

 

 

f:id:sarees:20190421133836j:plain

 

 

 

 

八重咲きチューリップ ネグリタダブル

f:id:sarees:20190421133845j:plain

 

 

もっと密集させて沢山植えれば良かったなー

f:id:sarees:20190421133856j:plain

 

昨年は球根類を地植えにしたのですがチューリップ以外は徒長するものも多く、花の重さで茎がしな垂れてしまっていました。

 

チューリップは比較的にまともに育っていたので地植えでもよかったのですが、どれくらい生育が違うものなのか知りたくて鉢植えにして日当たりのいい場所で育てました。

正直、それ程変わらない気がします。

 

家の庭の地植えでは、早めに咲くクロッカスなどは徒長しますが、開花が4月で日照もそこそこ望めるものに関しては大丈夫そうです。

 

チューリップは開花時期が、

早生のチューリップ 3月下旬~4月上旬

中生のチューリップ 4月上旬~中旬

晩生のチューリップ 4月上旬~5月上旬

とあるようです。

 

昨年地植えにしたアンジェリケは晩生だったので、冬日陰でもしっかり育ってくれたのは、庭に日が当たりだすくらい遅めの時期が成長期だったからかもしれません。

 

今回植えたネグリジェとネグラタも晩生でした。

今年の秋は地植えで、もっとたくさん植えたいと思います😁

 

 

チューリップの育て方と今後の管理を調べてまとめてみました。

 

 

発根後に水を切らさない

 

●発根したん根は1度でも水切れをすると先端が赤くなって痛み水分を吸う事が出来なくなる

 

●新しい根が出来ないため、正常に開花させる事が出来なくなる場合がある

 

●葉しっかりしていても蕾ができなかったり、弱い花が咲く原因にもなる

 

●地植えの場合は、極度の乾燥状態にならない限り雨水で十分

 

 

寒さに十分あてる

●寒さにあてる期間を十分とらないと、草丈が短くなったり花が咲かなかったりする

 

 ●ただし凍らせないように注意

 

 花を取り除く

●花後は枯れて花が下に落ちる前に花の下で茎を折り葉は全て残して花を取り除く

(ウィルス感染予防のため手で折る)

 下に落ちた花びらなどもウィルス予防のためきれいに取り除く

 

●枯れるまで通常の水やりをする

(球根を大きくするためだが腐りやすくなるので肥料はやらない)

 

 掘り上げ

●6月ごろに葉が黄色く枯れてきて外皮が茶色くなっていたら球根を掘り出す

(腐りやすいので水洗いは絶対しない)

 

 ●掘り上げたら根と茎をひねって球根から外す

 

 ●分球した小さい球根は、花を咲かせる力がないので取り除き大きい球根だけ残す

 

 ●土を払いネットなどに入れて日陰の風通しのいい場所で保管

 

 

植え付け

●紅葉の見ごろの時期が植え付けにちょうどいい

 

 

花後の剪定は、もったいなくし可哀そうで勇気が入りそうです😢

ですがまた咲かせる為に勇気をもって折ります!