saree’s garden

冬は日当たりの悪い狭いガーデンですが、庭の事、花の事、家の事などを中心に書いて行こうと思います。

春に徒長したビオラの切り戻し

いいお天気が続いて気持ちいですね。

暑いくらいの日もあって、だいぶビオラも徒長してきまいた。

 

f:id:sarees:20190417154210j:plain

かなり暴れて、乱れまくってます😣

 

だいたい毎年のパターンは、切り戻すのももったいなくてこのままにしていまいた。

そして5月までで抜いて終わり。

 

ですが昨年、初めて切り戻しをしてみたのですが咲かずに失敗してしまいました。

 

懲りずにまた今年、もう1度切り戻してみる事にしました。

 

 って事で、下調べをしてザックリとまとめてみました。

 

 ビオラの切り戻し

 

●15℃を過ぎると徒長し始める

●20℃を超えると株が弱ってくる

●花芽の上で切る

 

 

 花芽は…

f:id:sarees:20190417154235j:plain

とがっているやつが花芽です。

まだ出てきてない芽もあるので、全ての茎に見えるわけではありませんがだいたい有ります。

 

 

 

●切り戻しの位置は草丈の1/2~1/3を残して、その辺りにある花芽の上でカットする。

ない茎は出そうな葉の有るうえの位置できりました。

f:id:sarees:20190417154251j:plain

 

昨年は花芽とかを何も考えずにザックリと半分位でカットしていました。

だから咲かずに終わったのかもしれません。

 

 

 

f:id:sarees:20190417154317j:plain

スッキリしました。

 まだちょっと長めの茎もありますが、あんまりバサッと切るのも心配だったので控えめにしました。

 

 

●開花時期が長く株がだいぶ弱っている4月に切り戻しても咲かない場合がある

 

●出来れば気温がまだ低い4月上旬(15℃以下)までに切り戻す

 

●花芽のない場所からは花芽は育ちにくいため、切り戻しは花芽の上で切ることにより早く花が楽しめる

 

●切り戻したら花芽の成長を促すためにも、即効性のある肥料を薄めにして与える(株が弱っている時期なので、薄めがポイント!)

 

っとザっとこんな感じです。

 

 

切ったビオラは、最後まで楽しむために花瓶にしっかりいけました。

 

f:id:sarees:20190417171121j:plain

 

f:id:sarees:20190417171142j:plain


さあ、咲いてくるでしょうか?

また後日に結果をお伝えしたいと思います。